ペンの作り方

 
誰だってできる爪楊枝のペンの作り方。

 ちょっとだけ説明します。

1.準備する   
爪楊枝と洗濯バサミ、はさみを用意してください。先を尖らす場合はカッターも必要。

色付けについて
絵の具か、マニキュアを準備する。マニキュアだと最初少し匂いがあるのですが光沢用のニスが不要で簡単。
いらないマニキュアがあればそれで十分です。
 
2.切って、色を塗る  

・好きな長さに切る。
・色を塗る。ミニチュアなら先を削ってから。おもちゃならそのままでもよい。

・乾いてから、爪楊枝のさきっちょの部分を切る。(黄色の線)
  ※当然ですが、最初から切らないこと。色塗りが大変です。

・全体にニスか、透明のマニキュアを塗る。
  透明のマニキュアの方が、ペン同士がくっつきにくい。

※あたしは、途中でヤスリをかけていますが、全く誰も気づかないと思います。
   いらないみたいですね。
 
3.引っ掛ける部分をつける  
ペンについているポケットに挿す部分を何と言うんでしょうね。
細い金具をつけます。

・あたしは、ビールのアルミ缶を切って使いました。
  硬くて自由に切れるからです。(手を切らないように注意)

・鍋焼きうどんの空とか、何でもいいと思います。
 
4.ひと工夫  
上で説明している引っ掛ける部分に飾りをつけました。

こんな星型のやつが、100円均一のネイルコーナーに多数あります。
しかし、手芸屋さんで買うと、すんごいたくさん入って100円ちょいで売っていました。
 
5.出来上がり。  
上の星の変わりに、粘土の葉っぱをつけたのが、右です。
左の引っ掛ける部分は、お菓子の袋をとじる針金(金色)です。

てっぺんにパールの ビーズをつけても可愛くできました。
 
さて、本題。  
爪楊枝で作るペンの作り方なんていらないと思うのですが、
プラバンの存在を説明したくて、このページを作りました。

トースターで焼くと、小さく縮むのでミニチュアに向いてます。厚さが出るのがネックですが、色々活用できると思います。



※プラバンについて

使用したもの。
マクセル製プラバン→白を使用。プリンターで印刷して切り取って、オーブントースターで焼くと、
約6分の1の大きさになります。パソコンショップの用紙コーナーで見つけました。

 
透明な物を作る場合、手書きをするならば、このマークのついているお弁当箱のふた等でも代用できる。
 コンビニのお弁当等のふたにマジックで絵を描いて、切り取って焼くと、4分の一ぐらいかな。に縮む。
 これがついていないものを焼くと、変なにおいがしてガスが発生するので危険
 あたしは責任を取れないので、ご自身の判断でどうぞ。
 
 詳細は、ご自身でネットで調べるとよいですよ。いっぱい情報があります。
キーワードは「プラバン オーブントースター」なんかがいいかと。


※ペンの先についているキャラクターについて

それぞれ、以下のページから画像をいただきました。可愛いのがあるのでぜひ、ご覧ください。
素材をそのまま配布することになるので、こちらではピンクのクマ以外はダウンロードできません。

 シェルの素材工場

 ひみつのぬのじ屋さん

  ひよこの落書き帳
 (※再配布については許可の記載が無い為、画像に線を引きました。管理人様ごめんなさい。)


うちのレニクマ  
   いらないだろうけど、一応・・・いらんだろうなぁ

  画像を右クリックして「名前をつけて保存」を選択すると保存できます。


終わり。


左にメニューが出ない場合は、トップから