紙袋の作り方

 
紙袋って簡単なのだけど、いざ作ってみると、持ち手をつける場所がおかしくなったり、
袋に組み立ててから、持ち手を貼り付けるのが難しかったりするので、簡単に作れるように
工夫してみました。  不器用なもんで。。

作り方をより簡単にしてみました (05/08/23追記)

型紙は こちらのページにあります。
    多いので別のダウンロード用のページを作りました。

デザイン違いとか、もっといろんな種類が欲しい場合は、上の「参考に」のページをごらんください。
デザインも洗練されたものがあります。

1.準備する   
  上のメニューの「 印刷時の注意」 と  「ペーパークラフトを作る前に」  を参考にしてください。
   特に、角に穴を開けて裏からなぞる方法をお勧めします。作りやすくきれいに出来ると思います。

 ○ ヒモにするものも用意してください。
   お菓子についているラッピングのヒモでも、荷造り用のものでも何でもいいです。
   長くて5センチぐらいのものを、2本使います。もっと短くてもよいです。
   人形に持たせたい場合は、少し長めにした方がいいですね。
折る  
台形の部分を折ってのりづけします。
黄色い星の部分ね。
 
持ち手をつける  
ヒモの長さはご自由に。
何でもいいです。好きなものを使ってください。



その後、先に持ち手のヒモを片方だけのりづけします。
※あれば、ボンドの方が丈夫です。

乾燥したら、もう1つの方も貼ります。

 ※色々試したらこれが、簡単でした。


 
上に白い紙を貼る  
両方に持ち手を貼り付けます。(写真左の状態)

持ち手部分に、白い紙を貼ります。写真の右のように貼る。
理由
 ・内側に持ち手が見えないほうが格好がよい。
 ・抜けにくく、補強になる。(こっちが重要)
 
組み立てます  
次に横の縦の部分をのりづけします。

底は、適当に組み立ててください。 「C」の部分が一番外側になります。


わからない場合は、この方法で。

1 .Aの部分にのりをつける。

2. Bの部分をAの上に貼り付ける。

3. Cの裏側にのりをつけて、Bの上に貼る。
出来上がり  

今回は、底の部分を大きくしてみました。
実際の紙袋とは少し違いますが、安定がよいのです。
 

サンプル続き
 
シルバニアファミリーのりすのお母さんに持たせてみる。
こっちは小さい紙袋です。


案外、大きすぎないかな。ヒモは雑貨屋で使用するために、長めに作っています。
こっちは、大きな紙袋です。


終わり。


左にメニューが出ない場合は、トップから