エコクラフトテープで作る、小さなかごの作り方

 
■ もっと正確な作り方は、こちらの「カントリークラフトB2」様を参考にするとよいです。
    「エコクラフトレッスン1」は、非常にわかりやすく、きれいに作られています。

1.   
クラフトテープを2本つなげた状態のヒモを2つ用意します。
2つをクロスさせ、真ん中を持ちます。

慣れてないときは、ボンドで貼ってから操作をするとやりやすいと思います。

長さは適当、真ん中も適当でOKです。

参考) この写真のテープは10センチぐらいです。
 
2.  
1本に裂いた別のテープで編んでいきます。
(長いほうが楽。途中で足すのは結構めんどくさいからです。)

このままぐるぐる、3周ほど巻きます。
 
3.   
3周程編んだら、2本づつ束になっていた紙テープをはさみで裂いて、
1本ずつにしていきます。
8本のテープが出来ますが、1本は根元で切ります。
(奇数じゃないと編めないのだ)

※ 最初に2本くっつけたままで編み始めたのは、
  このためです。

その後は、交互に上、下と、テープをくぐらせて、
編んで行きます。実際にやってみたら、わかりますよ^^
 
4.    どんどん 編みます。
 
5.   
「これでいいや」っていう大きさになったら、出ている縦の
テープを適当に残して、切りそろえます。
大体、5ミリあれば出来ますが、最初は1センチぐらい残して
切って、やってみると簡単かも。

交互に中と外に折り、下の段に入れ込みます。
わたしは爪楊枝とか、毛抜きを利用してやってます。

最後に1周したヒモが、縦のヒモより外側にあれば、外側に折ります。
中側にあれば中側に折って、下の段に入れ込みます。
 ※ ミニチュアで物を入れて飾るのであれば、どうせ見えないのだから、
   適当に入れてしまいましょう。
   慣れると、きれいに出来るようになると思います。
   (あたしは、ずっと適当モードでやっております)
 
出来上がり     
完成。
飾りつけしてみました。
左のかごは、10円より少し小さいぐらいの大きさです。

もっと小さいのも出来ますが、それなら、編むヒモを
細くしたほうが、見栄えがいいと思います。
針金等、何でも同じ方法で編めます。

中側にボンドを塗っておくと丈夫になります。
最後の始末のヒモも外れにくいしね。

これは紙で出来ているので、ニスを塗ることをおすすめします。

小さいかごなら外側に透明なマニキュアでも。
(少し臭いがするので放置が必要だけど)


終わり。

左にメニューが出ない場合は、トップから