2段の引き出しの箱の作り方    05/09/27リニューアル

 
 引き出しの隙間が、多いほうも少ないほうも、作り方は同じです。

型紙をダウンロードする(別のウィンドウで開く)

隙間が多い、開きやすい方 →お子様向け     JPEG  /   PDF

隙間が少ない方 →見た目がよいです。   JPEG  /   PDF

その他のデザインは、こちらでどうぞ(たくさん作りました)

★引き出しに取っ手がついているバージョンの作り方はこちらにあります(別のウィンドウで開く)

1.準備する   
  上のメニューの「 印刷時の注意」 と  「ペーパークラフトを作る前に」  を参考にしてください。

  他は全て山折りで組み立てます。
  本体側ののりしろは、中側に貼り付けても外側に貼り付けても、どちらでもいいです。
 
2.引き出しの部分補強  
引き出しの手前側は、紙が2重になっています。
セロハンテープで補強しましょう。写真の場所にテープを貼る。

※下の写真のようにすると簡単です。
  のりしろを折ってから、セロテープ本体に紙を貼り付けてから
   テープをカットします。しわがよりにくくなります。
    ※この補強は省略可です。
   紙が割れるのを防ぎ、丈夫にする為にやっています。
3.折り線をしっかり  
全ての部分を山折します。
セロテープを貼った部分は硬いので、定規などを使いしっかり折ります。

引き出しを組み立てた後に、○の部分の内側にボンドを塗って
内側に貼り付けてください。(2重になります)
 
4.区切りの棚を入れる  
のりしろ部分を写真のように中側に折ってから、ボンドを塗ります。
5. 本体に貼り付ける  
上記の区切りの棚を本体に入れてから、ピンセットなどで
ぎゅーっと押さえます。
 
出来上がり  
こんな感じになります。下の引き出し部分は少し隙間があくと思います。
持ち手をつけたり、アレンジしてもいいと思います。
  大きさの参考に。

シルバニアファミリーの猫のお母さんの横に置いてみる。


終わり。


左にメニューが出ない場合は、トップから